拓さまの最近どーなん?

ゲーハー拓さまとその鬼嫁の世界食い散らかし放浪記だったりハゲたおっさんがディズニーランドではしゃいだり、我が家のネコちゃん成長記だったりなんだり

羽田空港 弾丸!バンコクだより2017-Jul バンコク クアラルンプール空港 D7 ひこうき 空港

弾丸!バンコクだより (2017/7/xx) 【エアアジアX D7 523 羽田→クアラルンプール】

【スポンサードリンク】

さわでぃーかっぷ!! (タイ語でちゃーす!の意)

 彡⌒ミ ピカーン
( ・∀・)<わしの頭はタイの大仏頭!

でおなじみの拓さまです。

最近いろんなネタを間に挟みすぎてすでにお忘れかもしれませんが去年はスーパーふさふさクラブことANAのSFC取得をメインに旅行の計画を立てておりました

SFC(スーパーふさふさクラブ)取得への道 ~ROMANCE DAWN - 修行の夜明け~
2016年秋、金曜日の深夜。明日は休みなので僕の気分は高揚していた。某S県の国道沿いのファミレスで目の前の中年女性が僕に向かって色々提案してくる。彼女はタブレット...

久々にSFC取得の旅の続きをお送りしましょう・・・

ってタイトルがエアアジアXでクアラルンプールとかANAとかスターアライアンス関係ないやん!とお思いのことでしょう。
今回エアアジアXでクアラルンプールに行く理由が2つありまして、正月の成田-福岡便の乗り継ぎ失敗したせいで予定していたPP獲得数が微妙に足りなくなりそうだということに気がついて

バンコクだより (2017/1/6) 【乗継失敗・・・散々な目に会いつつエアチャイナラウンジで待機なう】
さわでぃーかっぷ!! (タイ語でちゃーす!の意)  彡⌒ミ ピカーン ( ・∀・)<わしの頭はタイの大仏頭! でおなじみの拓さまです。 ワタシを含む羽田行きの便(CA181)の...

追加でどっかに飛ばないと行けなくなったのです。

国内線でどっか行ってもいいけどしらないおばさんが実は前回のGWからこっそりJALのクアラルンプール発券を始めてまして

GWもクアラルンプールだより(2017/5/xx) 【早朝のクアラルンプール空港】
スラマッパギ! (マレー語でおっはー!の意) 彡⌒ミ ピカーン( ・∀・)<ワタシの頭はペトロナスツインタワー!でおなじみの拓さまです。今日は朝イチの便で日本に帰り...

今後も夏休みとか年末年始はKULベースで東南アジアに遊びに行くだろうということで、ワタシもクアラルンプール発券を始めるために片道エアアジアXで向かうことに。

座席指定のオプションだけ付けて(トイレ近いから通路側がマストじゃ)片道コミコミ17Kちょい。ちょっと高いかな?

で、クアラルンプールからはタイ国際航空のクアラルンプール-バンコク-東京-バンコク(年末年始にストップオーバー)-クアラルンプールが5万円弱(約1900リンギット)!もちろんANAマイルが50%加算されるので足りない分のPP取得も無問題!
年末年始のバンコク便は最近安くても6~7万するからね~(注:帰りのクアラルンプールからのチケットが別途必要ですよ!まあそれも4~5万で手配できるから往復5万程度で行ける、という考え。KUL発券が値上がったら破綻するけどね、最近値上がり気味だし・・・)
ちなみに去年(2017年)、年末年始のバンコク往復でエアチャイナが3万弱!とくっそ安いの出してたけど最近出てこないんすよね・・・

バンコクだより (2017/1/1) 【正月のバンコク便往復が28,000円!(ただし中国国際航空に限る)】
さわでぃーかっぷ!! (タイ語でちゃーす!の意)  彡⌒ミ ピカーン ( ・∀・)<わしの頭はタイの大仏頭! でおなじみの拓さまです。 さて、3ヶ月ディレイでようやく今年...

つーことで前置きが長くなりましたが、週末+年休1日を使った1泊4日の弾丸日程でクアラルンプールとバンコクへ行ってきたのでその様子を振り返ってみましょうね。

木曜日、仕事終わって一旦帰って晩メシ食って風呂入ってからモノレールで羽田へ向かいます。

【スポンサードリンク】




22時に羽田着。

深夜便が多いのでニギニギしてますね。

ウェブチェックイン済みで預け荷物無しなのだがドキュメントチェックが必要なのでカウンターに並ばされます・・・

そこそこ混んでる。なかなか列が進まないので待たされます・・・(・д・)チッ
マレーシア人ばっかかと思いきや日本人も多く、欧米人もそこそこいました。
日本人のねーちゃんは自分探し系とか麦わら帽子被ってる系。

結局40分位並ばされて

自分の番になったらパスポートとクアラルンプールで乗り継ぐTGのイーチケ控えをチャンネーに渡して

タイ航空さんに乗り継ぎですねー!

と言われて瞬殺で搭乗券が出てきてわずか30秒で手続き完了!

持込荷物の重量チェックもなかったよ(そんなに重そうに見えなかったのかも)。
みんな一体何に時間かかってるのか?・・・

セキュリティもイミグレもガラガラで瞬殺で通過。
家出てから何も飲んでなくてのどもカラカラだったのでカードラウンジで水分補給しようと行ってみると

満席でウェイティングリストに名前を書いて並んでる状態、休日昼間のファミレスかよ!

売店で生ルービー買って飲んだほうがええね。

そして搭乗口へ。

隣のゲートはTGの744がスタンバイ。

アレに乗れば目的地にすぐ着けるのに・・・と思いながら貧民御用達のエアアジアXへ乗り込みます。
そしてハゲ頭が写り込んでるのは(゚ε゚)キニシナイ!!

【スポンサードリンク】




いざ搭乗。

座席は51Dと一番後ろ。座席指定していたが最後列を指定してたとは忘れてた。

両隣+近隣はマレーシア大家族の団体で最初その子供が自分の席に座ってて席確認に手間取る。

恒例シートピッチチェック。

ゲンコツ1つ分+αとそんなにキツくは感じませんでした、ただ横巾は狭いけどね。
皮張りシートは蒸れるけどJALのSS系より柔らかくて尻にフィットして悪くはない(JALのSS系はフィットしなくて長時間乗るとしんどいのだ)。
これならHNLも余裕かと(飛行時間はKULとそんなに変わらんし)KIX-HNLが安いのでわざわざKIX経由で乗ってみたいぞ、気になってます(スクートもね)。

シートピッチチェックをしてると出発前に相撲みたいにクルーの出身地のアナウンスがありまして、今日の面子は日本人2人韓国人タイ人1人あとはマレーシア。ケバいチャンネー以外にも兄ちゃんも1人いました。
日本人クルーがいるのに日本語アナウンスが下手くそだった、午前と言うところを午後って言ってるし下手くそ以前のレベル。
もしかして日本語アナウンスしたのは日本人じゃなくて日本語できる他国のクルーだったのか?謎じゃ。

機内エンタテイメントにHuaweiのタブレットを貸してくれるそうで(モチロン有料)

ラインナップ。


まあ自前のタブレット持ってるし、そもそも寝るし必要ありませんが。

今回深夜便の秘密兵器としてこんな空気で膨らまして顔を埋めるタイプの枕を持ってきました。

前の席の間隔が狭いので若干窮屈な姿勢になるけどこの枕のおかげで4,5時間は寝れた気がする。
が、機内空調がくっそ寒くて凍え死ぬかと思った!((((;゚Д゚))))ガクブル
出発地の日本も夏だし、常夏の東南アジアに行く格好なので羽織るものも持ってないしホント寒かった!かといって有料の毛布借りるのも負けた気がするので7時間ひたすらガマンしましたが・・・
貸出毛布の売上を上げるために設定温度をめっちゃ下げてるのではないかと思うね。
エアアジア乗る人は自前でブランケットとか羽織るものを持ってくることをオススメしますm9( ゚д゚)ビシッ。
(反面、JALは機内暑いんよね・・・)

2345の出発時間になっても一人ノーショー客か居たのでそいう待ちで遅れることに。
エアアジアは離着陸時の電子機器はフライトモードもNGなので要電源OFF。
2358スポットアウト、0015にC滑路(ニタミ)北側から離陸して。0025ベルトサインオフ。

そして消灯。

寒い中凍えながら震えて寝てるだけなので特にこれ以上のレポートはナッシング。
現地時間0530頃アナウンスがあって機内が明るくなっても0550着陸。
あまりにも寒くて着陸前からお腹痛くなってベルトサイン消えたらソッコーでトイレにピットイン。
こういう時のために通路側、かつトイレが近い席がいいのだ。
(トイレに近いとトイレ待ち渋滞で人が滞留したりオイニーがしたりとデメリットもあるけどね)

一番うしろの席なのでどうせ降りるまで時間かかるからゆっくりウンコしてから

チンコの先っちょみたいな機首を見て降機。

【スポンサードリンク】




去年はクアラルンプール強調年間だったので何度も通ってるけどエアアジアが発着するKLIA2は初めて。

なんかすごい殺風景な壁。

案内に従って歩く・・・

歩く・・・

ひたすら歩くよ・・・

なんかサテライトっぽいところに着いたようで

渡り廊下を歩かされて

またまた歩かされて

この先がイミグレーション。

結局ゲートから20分くらい歩かされたよ!遠い!

朝イチは到着便が多いのかイミグレが結構混んでて30分位かけて

ようやく入国できましたとさ(;´Д`)

さて、クアラルンプール時間は午前7時前。
乗継便のTG416は13時過ぎの出発だけどこれから6時間くらいどうするんスかね?
次号へ続く・・・

【スポンサードリンク】

-羽田空港, 弾丸!バンコクだより2017-Jul, バンコク, クアラルンプール空港, D7, ひこうき, 空港
-, , , , , , , , , , , ,