拓さまの最近どーなん?

ゲーハー拓さまとその鬼嫁の世界食い散らかし放浪記だったりハゲたおっさんがディズニーランドではしゃいだり、我が家のネコちゃん成長記だったりなんだり

バンコクだより2016-Jul シェラトン系 バンコク グルメ(バンコク) ホテル グルメ ホテル(バンコク)

バンコクだより (2016/7/17) 【セントレジスバンコクのサンデーブランチ】

2017/03/11

さわでぃーかっぷ!! (タイ語でちゃーす!の意)

 彡⌒ミ ピカーン
( ・∀・)<ワタシの頭はタイの大仏頭!

でおなじみの拓さまです。

朝イチでまたアソークのヘルスランドで2時間マッサージ。

今日はやる気ないねーちゃんでソフトタッチ、全然強くない。
後半30分はひたすら頭を撫でる。
ヘルランにもたまに外れキャラがいるのか。
昨晩朝夜共に結構ゴリゴリやられたのもあって
今日は優し目でもまあいいや、と思ったが
やっぱり悶絶パワーゴリゴリ系の方が好みじゃ。

一旦ホテル戻って12時半に予約していたセントレジスのサンデーブランチへ。

ラチャダムリ駅直結で便利!

ブルジョアジーな雰囲気溢れるロビーを吹き抜けから見下ろす。

ちょっと前まで1泊2万しないくらいで泊まれたのだが
最近3万前後くらいするそうな。
安い時に泊まっておけばよかった(´・ω・`)

【スポンサードリンク】


12時半オープンなので入店待ちの方々並んでおります。

チャイニーズっぽいオバサン軍団がわっしょいしておりました。

窓際の席をアサインしてくれました。

大人の動物園、ことロイヤルターフクラブという競馬場ビューですよ。

ちょうどこの日はレースがあったようでお馬さんが走っておりました。

飲み物のメニュー。


このサンデーブランチ、
スパークリングワイン・ワイン・カクテル・ビールなどのフリーフローがついてお一人様3000バーツ。
スパークリングはシャンドン。
シャンパン(ブーブクリコ)つけると4500バーツとなるが我々そこまでは要らないのでシャンドンで十分。
(そりゃブーブクリコ飲みてぇけど)

カクテルはセントレジス発祥でおなじみ、ブラッディマリーと
各国のセントレジスでアレンジされたほにゃららマリーが頼めますよ。

ブラッディマリーの絵も飾ってまっせ。

我々は駆け付けブラッディマリー、ではなく

駆け付けシャンドンで

( ・∀・)つY <ルネッサ~ンス!

では、フードのご紹介を。
知らないおばさんのリサーチの結果
「伊勢海老の刺身があるぜ!」とのことだったのでwktkしていったのだが

情報が古かったらしく、刺身は無くなっておりロブスターのグリルになってました(・д・)チッ

グリル物はロブスター以外に

エビとかラムとか白身魚とか焼いてもらえます。
牛が無いのが残念。

シーフードちゃん。

生牡蠣ちゃん。

(゚д゚)ウマカッチャン!

牡蠣用の薬味はシャレオツな棚から各自チョイスしましょう。

牡蠣にキャビアっぽい魚卵と痛風エクスプレス。

キャビアの味は正直よくわからんかった。
貧民の出なので瓶に入ってるモノホンのキャビアなんて食べたことないので
モノホンの味がわからんのじゃ(゚∀゚)アヒャ
他のホテルのサンデーブランチでも何度かキャビアっぽいの食べたことあるけど
やっぱ本物じゃないよね?
おそらくイミテーションキャビアでしょーね(・д・)チッ

下から、オイスター、フォアグラ、ロブスターのエッグベネディクトと贅沢ゾーン。

シースーコーナー。


セントレジスですら海外のビュッフェでよく出てくるレベルでした。
カウンターの寿司は無理でもがってん寿司レベルのものはこういうところでは無理ですかね。

サラミや生ハム。

シーザーサラダ。

ホテルメイド、と思われるパン。

よくわからん(わすれた)ホットミール的なヤツ。

【スポンサードリンク】


点心。

中華といえば北京ダックや!

カニのハサミが入ったプースー。

何味かは忘れた。

ロブスターのビスク。

これは(゚д゚)ウマー!

グリルコーナーにビーフは無かったけど

代わりにローストビーフとローストラムがあるよ。

肉汁ジューシーで(゚д゚)ウマカッチャン!

肉には赤ワインじゃね。

カッコつけてミモザなんかも頼んじゃったよ。

炭水化物なんて取ったら腹膨れるのわかってるのだが
パスタ大好きなんでどうしても取ってしまう・・・(O´Д`O)アカーン!

シーフードのパスタ。

好みの具を選んでその場でパッタイを作ってくれるキッチン。

他にもなんか作ってくれると思うけど何作ってくれるかよく見なかった。

わたしゃロブスターを入れてもらいました。贅沢!

ここでせっかくだからブラッディマリーを頼んでみようかと。
ただ、フツーのブラッディマリーだとつまらないので
サイアムマリー(バンコク)、サングリータマリー(メキシコ)などがあるなか
セントレジス大阪オリジナルの「ショーグンマリー」とやらを頼んでみたぞ。

醤油とわさびパウダー入りと罰ゲーム臭がプンプンするが
超おハイソなセントレジスが作ってるのでそんな不味くは無いだろう、と思って飲んでみると・・・

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

不味いよ、コレ!
わさびの辛さが強くて飲めん・・・
よくこの味で良しとしたな。
大阪でこれ飲んでる人本当に居るのか?

【スポンサードリンク】


変なカクテル飲んで口の中がカオスになってしまったので

お口直しに甘いの食べましょ。

ケーキがいっぱい。

チョコファウンテンに

アイスも豊富やぞ!

一部イマイチな品もあるけど
総じてレベルは高めで美味しゅうございます(゚д゚)
品数で言ったら香港バンコクのインターチンコ、
フォーシーズンズバンコクの方が豊富だが質はどれも良かったかと。
スタッフのクオリティーも高くてGood!(・∀・)

客層はインターナショナル。
金持ちタイ人や中華系(シンガポーリアン?)、インド系に欧米系。
日本人はアラサーっぽい女子グループが優雅に女子会してましたとさ。

腹いっぱい食って飲んだので帰りましょうかね。
SPG会員は15%引きって聞いてたのだが会計するとなぜか30%引きでした。
3000バーツ×1.1(サービス料など)×0.7×3(当時のレート)=1人約7,000円。
1人1万円と考えてたから30%引きはデカイ!ありがたい。
ここはリピありですな。
他のホテルのサンデーブランチもチャレンジしたいので次はまた数年後かな。

次号へ続く・・・

-バンコクだより2016-Jul, シェラトン系, バンコク, グルメ(バンコク), ホテル, グルメ, ホテル(バンコク)
-, , , ,